今日の甘酒断食

in 思考の果実

で、今日は朝食は摂らず、昼食と夕食を1杯の甘酒にしてみた。

率直な感想を言えば「空腹でネガティブな感情になることは予想以上に少なかった。よって、甘酒断食は可能と言えば可能」ということだ。

どういうことかというと、「今の自分には体調を整える必要があるから、その手段として断食をするぞ」と意識して断食に取り組むと、「目的」から「行動」までが自分自身の価値観と一致しているので、自分の中で「食べたい」とか「約束破りたい」といった乖離のような感情が起こらなかったからだ。これはたぶん甘酒を食べているからかもしれず、完全に断食ならそうはならないかもしれないけれど、今回の自分はそういう感情は起こらなかった。

これが、たとえば仕事が忙しすぎて昼食抜きだった、などといった場合になると、「目的」から「行動」までが自分自身の価値観と一致していない状態になるため(本当は食べたいのに食べられない)、飢餓状態になって、食べたくてたまらなくなってしまうのだと、今日は思った。

自分自身の信念や価値観をベースにして、手に入れたい「目的」から今をとりまく「環境」、そして現実に今行える「行動」までが一致している状態にあること。これは、何も断食や治癒の話だけでなく、仕事から趣味から家事育児まで、すべてのものごとに通じる「自分を望む方向に望むスピードでドライブさせる運転方法」なのではないか、と改めて思った。

思考の酵母: , ,