やまびこについて。

in 発酵中

本を読んだりウェブ記事を読んだりしていると、覚えておきたい言葉や胸に響いた言葉と出合うことがよくある。

そんなとき、今までなら「夜読書メモ」(就寝前の読書の場合は)としてツイッターやフェイスブックにつぶやいていた。

言葉を軽く記録したとき、僕なりに共感したことや考えたこと、新たに閃いたことなどもあるのだが、それらはメモはしていなかった。それは「ひとり思考ラリー」とでも言えば良いのか、自分自身の中で思いやアイデアの「やりとり」のようなことが起こっている場合が多い。

他人の言葉がきっかけで、自分の中で生まれた言葉。単なる「受け身」な読書ではなくて、どちらかといえば考えた内容の方が重要と言うか。

しかし、そんな時に同時に課題だと思うことがある。「せっかくの思考のやりとりを記録していなかったために、翌日、あるいは数日経ったらコロッと忘れてしまっている」ということだ。

僕は、ささやかであろうがどうであろうが、記録していかないとなかなか身に付いていかないタイプなのだと思う。

だから、今日からこんなブログを書いていこうと思う。良い言葉に出合ったとき、そしてそれについて独り物思いに耽ったとき、その内容をささやかながらも記録していこう。その記録をブログというかたちで世間に向けて発信すれば、それを読んだ誰かが、また何らかの思索に耽ってくれるかもしれないし。

だれかの良かった言葉が、まるでやまびこのように、僕と世界の誰か達との間で響き合ってくれたら、素敵だと思う。インターネットの素敵な使い方だと思う。