カタパルトで

in 発酵中

一年の計は元旦にあり、とある。

これは、ます最初に動きはじめることの重要性を言ってるのであって、1月1日というキリのいい1年のスタートの日に、今年何をするかを決めて、それに則って活動したほうがやりやすい。そう、昔から日本人には考えられてるんだろうなぁ、と思う。

自分の願う方向に自分を進ませる。そうするためには、まずはじめの一歩を踏み出さない限り、進む可能性は0.00のまま。
はじめの一歩を踏み出そうと決意しない限り、いや、実際に一歩目を踏まないかぎり、進んだり好転する可能性というものは0.01以上にならない。
逆に言えば、どんなに小さかろうが短かろうが醜かろうが、最初の一歩を踏み出すと、その姿勢を支えるために、自ずと二歩目を出す。その二歩目を踏んで姿勢が変わって、その姿勢を支えるためにまた三歩目が…という感じで、気づけば結果的に歩いているものなんだろうな。

ということで、今年は「自分の考えを整理するため」と「僕はこんなことについてはこういうふうに考えてますよ」と自分を知ってもらえれば良いな、と思って、もっとブログで文章を書こうと思います。
去年ふいに出てきた「ブログ書きたい熱」でザアッとデザインしてつくったブログ。ぜんぜん書けてなくてどうしようと思ってたけど、この「一年の計は元旦にありカタパルト」で一気に飛ぼうと思います。

思考の酵母: ,