バレンタインシュトレンをネットで販売します。

in 思考の果実

カナダ産有機スペルト小麦にココアを混ぜた生地に、ラム酒漬けのさまざまなドライフルーツと、チョコチップ、クルミ、イチジク、自家製はっさくピールに有機バナナをまるごと入れて焼き上げました。元種はフィンランド産有機ライ麦と水だけで育てたライサワー種を使用しています。

バレンタイン用でチョコレート味、とは言えども、あくまでシュトレンなので、冷暗所で寝かせるほどに味や触感が落ち着いてきます。ココアを練り込んでるので、かなりしっとりとした触感に整っていきます。

カップルで少しずつ食べて味の変化を楽しむのもよし、男の子がいるご家族みんなでいっしょに食べるのもよし。万人に満足していただけるよう、モリグチャウダーが試行錯誤を重ねてつくった、健やかで美味しいお菓子です。

という言葉を考えて、写真を撮って、ネットショップ・サービス「BASE」にてはじめてバレンタイン用のチョコレートシュトレンを売り出すことにした。
ウェブデザイナーなのに、しかもお客さんにBASEを勧めて導入してもらったことすらあるにもかかわらず、いざ自分がBASEでモノを売ることになってはじめて知る導入のややこしさ。何事にもトライしてみないとわからないことがたくさんあるなあと実感。

で、このチョコレートのシュトレン、本当に美味しいんです。前回のシュトレンは生地をライ麦粉をベースにして、強力粉と全粒粉を少々組み合わせるというものでした。しかし今回は品種改良前の原種の小麦「スペルト小麦」という小麦粉の有機認証のものをベースに使ってます。でも元種はライ麦粉と水を発酵させてつくる「ライサワー種」で、ドイツパン的な、ドイツ菓子的な風味を損なうこと無く美味しく仕上げています。(なぜ品種改良前の原種の小麦をわざわざ取り寄せるようになったのか、というのは次回のブログで)

ちなみに前回は「クリスマスに家族で食べるため、できるだけでっかくでっかくつくろう」と思って大きなのを作ってましたが、今回はバレンタインデーにちなんでいるので前回の2個分の生地量で3個分の生地料にしています。恋人同士で食べるということも十分にあるし、本来の目的である「カウントダウン的にちびちび食べる」という食し方でもないしなあ、と思って。

これはちょっとよそにない味だと思う。ココア生地のシュトレンで、中に有機バナナが一本まるごと入ってるし。それに加えてラム酒付のいろんなフルーツとクルミとイチジクとチョコのハーモニーがすごいです。劇的なお菓子と言えます。

みなさまぜひ!

https://morigchowder.thebase.in/items/5407236

思考の酵母: ,