カテゴリー ‘思考の果実’ category

ご飯をつくるということ(3)

in 思考の果実

怒涛の4月が過ぎ行き、5月になった。妻も家の中でようやく立ち上がって歩けるようになり、料理は徐々に妻が担当してくれるようになった。

家族みんなの料理を毎日三食自分で作ってみて、特に大変だったのは「調理のタイミングをいかに図るか」と「毎日の献立をどう組み立てるか」というところだった。

(さらに…)

思考の酵母: , ,

ご飯をつくるということ(2)

in 思考の果実

妻が帰宅してからは、今度はレシピが逆になった。当然母乳育児になるので、油脂や乳成分が多い食事はNGなのである(胸がすぐに痛くなるらしい)。基本的に全て和食というオーダーが下された。

そこで「とにかく味噌汁は毎食必須」ということで、出汁を取り続けて味噌汁を作りつづけた。最初は日頃妻が使い続けているかつお節や鯖節を使い続けた。見た目にも香り的にも出汁が出ているようすがわかりやすく、僕にも作りやすい。序盤はこれだ、と思ってガンガン出汁をとり、出汁殼はどんどん冷凍庫に入れていった。(溜まった出汁殻で佃煮のをつくった。子供たちに好評)鰹節・鯖節はとても使いやすかったが、すぐに無くなってしまった。 (さらに…)

思考の酵母: , ,

ご飯をつくるということ(1)

in 思考の果実

三男が3月31日に生まれてからの一ヶ月間は、家事はほぼほぼすべて僕がやった。パンの製造はすべてストップさせ、デザインの仕事のみに集中しながら、ひたすら出汁をとってご飯をつくった。

洗濯や掃除なら今までだってずっとやってる(いや掃除は妻に任せている部分が多いっちゃあ多い)。でも、結婚してからというもの、料理だけは妻に任せっぱなしだった。ここ神山町で子供を産む、ということは、夫婦どちらの両親にも頼らないということであり、出産直後、助産院で三男と体を休ませ続けているときも、三男とともに帰宅してからも、ずっとご飯をつくった。4月はご飯を作った思い出しかない。 (さらに…)

思考の酵母: , ,

ついつい寝かせてしまって

in 思考の果実

今日はこんなことがあった。面白かった。とても思うところがあった。ブログに書こう。でも、子どもたちが帰ってきたらご飯から風呂から寝かしつけからてんてこ舞いで、さらに仕事も当然あるから、ブログは後回し……。

などという日々がこのところずっと続いている。そんなことを続けていると、今度は起こった出来事について考えたことが、自分の中で「流されて」しまっている。そのときの新鮮味も日々のやらねばならないことの波に「流されて」しまっている。そんな気がした。今。 (さらに…)

思考の酵母: ,

三男の名前(2)

in 思考の果実

子供の名前をつけるにあたり、子供に教えてあげたいな、と思うことのひとつして「この世のすべてには二面性があるよ」が僕にはある。
善と悪。陰と陽。白と黒。光と闇。天と地。どちらか一方しか存在しない世界というのは無いし、そのどちらも併せ持ってこそ「人間」なんだと思う。どちらも持っていて、どちらか一方を排除することはできず、そのバランスの中で揺れ動く存在なんだと思う。どちらもあるからこそ人は悩みながら生きていくものなんだろうし、そしてどちらもあるからこそ人生の「壁」を乗り越える力を持てるんじゃないか。そういう気がする。 (さらに…)

思考の酵母: , ,

三男の名前(1)

in 思考の果実

当の本人にしたら嫌がる話なのかもしれないが、三男の名前が(も)なかなか決まらない。

当の本人にしたら嫌がる話なのかもしれないが、もう3人目ともなると「次の名前、どーするー?」「うーん、どうしよっかねー。なんかあるー?」みたいな、とてもおざなりな、悪く言えばめんどくさい空気が夫婦を包んだ。とりあえず、長男・カズキと次男・マコトとは音がかぶらない(似ている発音だと呼ばれまちがいやすい)で、かつひらがなで3文字であればいいや、という無言のルールが夫婦間で組み立てられていった。(姓が4文字なので名前も4文字にすると発音がすこし重ったるい気がして) (さらに…)

思考の酵母:

三男誕生

in 思考の果実

2017年3月31日6時頃。僕は石油ストーブに暖まりながら、デザインの仕事の段取りを考えていた。考えていたが、それよりたしか明日でお世話になった商工会議所の人が異動してしまうのでライ麦パンを焼いて持っていこう、と思い立ち、100%ライ麦パンを3本仕込み終わったところだった。午後には焼き立てを持っていけるな、と思ってたら、珍しくこの時間帯に妻が寝室からやってきた。

陣痛が来たというのだ。 (さらに…)

思考の酵母: , ,

ライ麦100%を目指して(後編)

in 思考の果実

ライ麦100%のロッゲンブロートへの試行錯誤が、年をまたいで続いた。そもそも情報自体が少なく、「どれをどのような分量で、どのような過程でどうやってつくるのか」というところから試行錯誤した。

まず必要なのは発酵させる酵母だった。ライ麦100%でつくるには「ライサワー種(サワードゥ)」という酵母の元種が必要だ。これは原始のパンづくり方法のひとつ。ライ麦粉に水を加えてかき混ぜ、温かいところに放置し、また翌日あるいは数日後にライ麦粉と水を加えてかき混ぜて温めて……を繰り返す。こうすること、ライ麦に元々ついている酵母菌に「食事」や「繁殖環境」を与え続け、酵母を繁殖させる。これがライサワー種だ。 (さらに…)

ライ麦100%を目指して(前編)

in 思考の果実

スペルト小麦のパンと同時にずっと考えていたのは「ライ麦100%のパン」の製造と販売だった。

僕が住む徳島県は全国でも有数の生活習慣病患者数を持つ県。糖尿病は平成5年から平成18年にかけて,14年連続して「糖尿病死亡率全国ワースト1位」が続いていたと県のウェブサイトにある。(それでも昨年は5位
これは引っ越してきてからいろんな人に聞かされて知ったことだった。知り合う人の中でけっこう糖質制限をしている人が多かった。「ご飯は基本的に食べない。肉と野菜だけ」「パンも食べられない」という人を、ここ神山町でけっこう出会った。 (さらに…)

思考の酵母: ,

スペルト小麦パンの始動

in 思考の果実

どうすればダレやすい生地をよい形のパンに着地させることができるのか。どれくらいの分量の小麦ならば「食べ応え」と「価格」のバランスが取れるのか。それを1月初旬からずっと試し続けていた。

ダレやすい生地で美味しいパンをつくる。それを実行に移すためには、大きく二つの道があると考えた。「ダレないような生地づくりをする」という方向と、「ダレやすくても美味しく焼ける製パン方法にする」という方向だ。簡単に言うと前者なら「正解の入口を磨き出す」ということであり、後者なら「相応しい出口を選択する」ということになる。 (さらに…)

思考の酵母: ,