カテゴリー ‘発酵中’ category

デザイン事務所はブラック企業なのか?

in 発酵中

デザイン事務所とかって、労働時間は不法に長過ぎて、徹夜も土日出社も当たり前だし、かといって給料は安いしでまったくもって疑いようのない「ブラック企業」なんだと思う。

 同業他社との業界環境の中で「ブラックにしたほうが競争に有利である」という問題があったり、「ブラックに組織運用するのが業界のデフォルトになっている」というのが重なっているように思うわけですよ。両方を兼ね備えている場合も多いと感じます。

http://note.moriguchi.org/archives/92

もう、まったくもってこれ。これだ。

でも、その中で働いてるデザイナーはどうかというと、不思議なことに必ずしも毎日苦痛を抱きながら働いているわけではないのではないか? と僕は個人的に思います。みんながみんな奴隷チックにはたらかされてるんじゃないと。だいたい二方向に分かれるんじゃないかと思う。

A)うんざりしながら疲れて長い時間デザインしてるデザイナー

B)ワクワクしながら疲れているものの楽しそうに長い時間デザインしてるデザイナー。

たしかに、他社よりたくさんの案をつくったり、他社よりクオリティの高いデザインを完成させようとすると、どうしても時間がかかる。そうなると、どうしても残業目一杯で働いて、休みの日も時間をとってクオリティを限界まで上げて完成させて……という状況になりがち。ブラックにしたほうが競争に有利になるケースのほうが多い。
でも、「好きでこの仕事を選んだ人間」にとっては、「好きなだけずっとこの仕事を突き詰められる」という状況は、はたして不幸せなのだろうか? むしろ、「心の底から楽しいと感じられることに延々ずっと時間をかけて過ごせることができて、さらにできたものがたくさんの人達の利益を上げたり、自分の仕事人としての価値を高めてくれる」と考えて、毎日毎日ワクワクしながら膨大な量の仕事を楽しみながらしているデザイナーだとしたら。

それは、そのデザイナー本人にとっては、「ブラック企業」とは言えなくなっているのではないか?
(そのデザイナーの家族から見れば完璧ブラック企業だけど)

この一年中に変化していくであろう前提で

in 発酵中

しかしながら、正月に立てた一年の計画をそのまま通年続行するということは、僕にとってはなかなか難しいことだ。経験的に言って。

なぜ途中で続けられなくなるんだろう? なぜ途中で目標を達成できないんだろう? なぜ途中で目標がなんだかわからないうちに変わってしまったりするんだろう?
それは、続けるための忍耐力とか根性とかが僕に足らないんじゃないか? と思ったりした。また、「それを続けることは、実は自分の中では本当にやりたいことじゃないのかもしれません」と言われたことが過去にあって、それが的を得てるのかもしれないな…、とも思ったりしていた。

そんな1月2日にこの文章。 (さらに…)

カタパルトで

in 発酵中

一年の計は元旦にあり、とある。

これは、ます最初に動きはじめることの重要性を言ってるのであって、1月1日というキリのいい1年のスタートの日に、今年何をするかを決めて、それに則って活動したほうがやりやすい。そう、昔から日本人には考えられてるんだろうなぁ、と思う。

(さらに…)

思考の酵母: ,

イメージがあればいいよ。

in 発酵中

イメージ イメージ
イメージがあればいいよ。

悩みが無くても、イメージがあればいいよ。

と、偉い人が昔歌っていたけれど、

実際的に現実的にはそれは真逆で、
人の悩みというものは尽きることなく湧いて出てきて、
それにばかり思い悩まされたり謀殺されたりしたりしていると、
その結果「自分が心の底から成りたい姿、在りたい姿」をイメージする行為って、日常生活で全然足りて無いんじゃないか。

悩みにばかり意識が向いていることで、「どんな自分で在りたい」というイメージを、日々創れていないんじゃないか。

だからやっぱり、偉い人の歌うとおり、「こんな自分で在りたい」というイメージを創ることで、未来を変えられる、未来を創ることができるんじゃないか。。

「在り方のイメージ」を自分自身の“今”を感じながら未来を創ることで、過去の悩みにくよくよしなくなるんじゃないか。

意図について。

in 発酵中

何事にも「意図」が必要だ。
意図。何のために、何を、どのようにやるのか。
目標を達成するのか。
問題を解決するのか。
望むものを望むだけ、手に入れるための地図。方位磁針。それが意図。

ある意図をもって夢や目的を持たないと、ただ漫然と「いつか幸せになりたいなあ」などと思うよりも、
どんな夢や目的を、いつ、どこで、誰と叶えるのか、という意図を持った方が、その夢や目的へのピントがずっと合いやすい。
完成予想図(=意図)の解像度が高ければ高いほど、そのシーンの映像そのものや、そのシーンに入った時の身体の在りようなどを感じたりできてるから、結果的にその夢や目標を手に入る確率がずっと上がる。
ある意図をもって他人の話を聴くことで、あっちこっちと無効の勝手で話が飛ばれてしまうことを止めさせて、本当に聴きたいことにアプローチすることができる。
こんな目的で、こんな話を聴きたいから、と意図を設計すると、だったらこんな順序で、こんな質問を、こんな投げ方でしたほうがよい、とどんどん形作られていく。

その意図を目指して人の意思が進んでいく。

その意図を目指して現実が改まっていく。
その意図の方向が正解なのか間違っているのか、
その意図の距離がどれくらい浅いのか、深いのか、
そういうところは、実は誰にもわからない。
自分自身にも、対象者にもわからない。

でも、その地図であり、設計図である「意図」が無いと、どんなことでも、前に進めることは難しいし、逆に言うと意図があるだけで、ものすごく楽に、スムーズに進めたいものを前に進めることができる、ということを今日学んだ。
どんな職業になりたいのか、
どんな家庭を築きたいのか、
どんな朝食を食べたいのか、
どんな旅をしたいのか、
どんな明日を送りたいのか、
5分後、どんな自分で居たいのか。

全部は「意図」を先につくることで、成し得るんだなあ。

思考の酵母:

ネガティブな話や批判について

in 発酵中

仕事で大成しよう、儲けよう、偉くなろうと思えば思うほど、どうしても周りからの意見や視線が気になってしまうものだと思う。

会社員として人に仕えていようが、独立起業して事業の主であろうが、基本的には同じ。仕事に求めるものを強めれば強めるほど、それは避けられない。 (さらに…)

写真のバックアップ

in 発酵中

基本的に職種は「デザイナー」なので、デザインしたデータのバックアップは完全を期すよう心がけている。
デザイナーになりたての頃から「2種類のメディアに保存」を習っていた。当時はMOとCD-R。どちらも今と比べると高かった。
今はハードディスクドライブと、DVDに保存している。

デザインはそれでよいが、デジタル写真データをこれからどのように保存したらよいのか、迷っている。

(さらに…)

思考の酵母: , ,

やまびこについて。

in 発酵中

本を読んだりウェブ記事を読んだりしていると、覚えておきたい言葉や胸に響いた言葉と出合うことがよくある。

そんなとき、今までなら「夜読書メモ」(就寝前の読書の場合は)としてツイッターやフェイスブックにつぶやいていた。

言葉を軽く記録したとき、僕なりに共感したことや考えたこと、新たに閃いたことなどもあるのだが、それらはメモはしていなかった。それは「ひとり思考ラリー」とでも言えば良いのか、自分自身の中で思いやアイデアの「やりとり」のようなことが起こっている場合が多い。

(さらに…)