思考の酵母 ‘コピーライター’

「どうやったらコピーライターとして上達できますか?」

in 思考の酵母

澤本:秋山さんが人に教えたり、誰かを下につけて教育したということもあるんですか?

秋山:あまりないですね。コピーライターというのは自分で考えて、自分で結論を出すという仕事です。人はそれぞれ何に興味があるか、どういう感性があるかは違いますから、逆に大きなお世話だと思うんじゃないか。ですから人の書いたものは、許せる範囲なら全くいじらないほうがいいと思いますよ。

澤本:そういうお話を、若い方々は聞きたがっていると思います。若い人に「どうやったらコピーライターとして上達できますか?」と質問されることがあります。そのときに僕はよく、「優秀なコピーライターの仕事をよく見ることだよ」と言っています。100個コピーを書いたら、優秀なコピーライターに見てもらって、どれがいい・悪いと指摘をしてもらって、自分の中にその基準を蓄積していくのが一番いいと。秋山さんが「どうしたらいいコピーライターになれますか?」と質問されたら、何と言いますか?

秋山:コピーから離れて考える時間を持ったほうがいいということです。

澤本:コピーだけじゃなくてということですよね。

秋山:たとえば、飛行機に乗っているよりも列車に乗って窓の外をずっと見ているほうがコピーは書けるかもしれない。それから、苦手と思うような厚い本をとにかく1冊読んでみるとか。厚い本って、その厚さだけで敬遠するじゃないですか。その後にさらにもう1回読むと、自分の満足感というものがあると思う。そういうものがいいコピーの力になるんじゃないですか。

澤本:コピーを書こうと思って、コピーだけをずっと書くということではなくて。

秋山:それだと書けないですね。コピーは純粋な、単純なものじゃないんですよ。自然界のフォルムって、直線は全くないでしょう。自然界って非常に複雑なんですよ。それから単一の色はないですよね。赤い花と言っても、赤いというのはどういう色かと。コピーはそういうものじゃないかなと思っています。

澤本:それこそ信号じゃないということですね。

秋山:コピーそのものよりも、もっと色々な、その人の性格や、初めて海を見たときにどう感じたか、といったことがあるんじゃないですか。

秋山さん、コピーはどうすれば上達しますか?(ゲスト:秋山晶さん)【前編】 | AdverTimes(アドタイ)