思考の酵母 ‘ベーグル’

モリグチャウダーのベーグルの推移

in 思考の果実

以前、僕達のパンは最初「スペルト小麦のパンとライ麦パンでいく」と書いた。僕自身の健康のための試験であり、何か他所とは違う特色を出すべきじゃないか、と夫婦ふたりで相談してのことだった。まず第一段階のチャレンジだった。

そして、三男が出産する前、徳島市にある健康食品店「ぱんぷきん」から「スペルト小麦のパンやベーグルを卸す」という話がまとまり、少ないながらもベーグルを中心に売らせてもらえるようになった。

今となっては「幻」のスペルトベーグル。徳島大学フューチャーセンターのイベントに出店もしたが……。

(さらに…)

思考の酵母: ,

スペルト小麦パンの始動

in 思考の果実

どうすればダレやすい生地をよい形のパンに着地させることができるのか。どれくらいの分量の小麦ならば「食べ応え」と「価格」のバランスが取れるのか。それを1月初旬からずっと試し続けていた。

ダレやすい生地で美味しいパンをつくる。それを実行に移すためには、大きく二つの道があると考えた。「ダレないような生地づくりをする」という方向と、「ダレやすくても美味しく焼ける製パン方法にする」という方向だ。簡単に言うと前者なら「正解の入口を磨き出す」ということであり、後者なら「相応しい出口を選択する」ということになる。 (さらに…)

思考の酵母: ,