思考の酵母 ‘名前’

まこちゃん

in 思考の果実

次男の名前を決めるのにすごい時間がかかってしまった。
名前の意味が、発音が「ピタッ」とくる名前がなかなか出てこなかったからだった。
意味が良くても発音が良くない。聞き取りにくかったり、「それは人名として発音するのは無理がある」という名前だったり。
また、呼ぶ言葉が可愛らしくていいな、と思っていても、今更その名前はいささか古いのではないか?とか、今は可愛くてもおっさんになっても可愛い呼ばわりされかねないのはいかがか?とか。
そういうことがずっと繰り返されていた。

時折、候補が一周回って「やっぱり純次がいいんじゃない?」と妻に話を持ちかけたが、真顔で否定され、相手にされなかった。そういうことを10ターンくらい繰り返してから、最終的に命名締め切り当日に「真言」も含めて4つの候補が残っていた。

どうしようかな…どれがいいかな…と思った末、長男の和貴に「どれがいい?」と話してみたのだった。

(さらに…)

思考の酵母: , , ,

命名

in 思考の果実

「言葉」が一番大事なんだと思う。

「言葉」というものは、
口から発したり、手で書いたりして使う。
相手に何かを伝えるために使う。
でも、「言葉」を相手に伝える前に、頭の中で思考がすでにはじまっていて、
その思考というのは「言葉」が無いと決して成り立たない。

だから「言葉」が一番大事なんだと思う。

(さらに…)

思考の酵母: ,

次男の名前が決まらない。

in 思考の果実

生まれて13日経つけれど、次男の名前が決まらない。

最初、長男が生まれる時から、名前に『次』をつけようと思っていた。僕の耕次の『次』であり、父・利次の『次』を受け継いでもらう。そう、たとえば『純次』。僕が尊敬する高田純次からとれば、それはもう周囲を楽しませる男になるにちがいない。そう思っていた。『次』がジョースター家の(初期の)名前のように続いて欲しいと真剣に思っていた。

(さらに…)

思考の酵母: ,