思考の酵母 ‘西村佳哲’

学び

in 思考の酵母

気をつけないとなと思うんですよ。だからこそ、「なにかのため」に学ぶんじゃなくて、学んでいる時間や空間そのものが充実していて面白いことが大事だよな、と思う。ちがう。寝るんだった。寝る!

 【西村佳哲
思考の酵母:

そして1年後。

in 思考の果実

1年前の今日、2015年の1月の3連休は、奈良県立図書情報館での「ひとの居場所をつくるひとフォーラム」に参加していた。
「働き方研究家」という肩書きを名乗る、プランニングディレクター・デザイナーの西村佳哲さんが、いろんな「ひとの居場所をつくっている」ゲストの話を公開インタビューのようなかたちで聞くというイベント。そして、イベント参加者達同士も語りあうことで、各々が「ひとの居場所をつくるってどういうこと?」と感じたり考えたりする、というイベントだった。

西村さんのことを知ったのは「自分の仕事をつくる」という本からだった。2003年。当時の僕は障害者の授産施設での仕事を辞め、グラフィックデザイナーを志して転職先を探したものの見つからず、「求人広告の製作」という職業に転職して1年が経とうとしていた頃だった。

(さらに…)

デザインプロデューサーに聞く

in 思考の酵母

1.プロデューサーとはどのような役割を担う仕事を意味しますか?
そのプロジェクトで力を発揮する人々の「器(うつわ)」になることです。

2.プロデューサーに一番必要な資質、能力とは何でしょうか? その理由も併せてお答えください。
プロデューサーという仕事は、極めて属人的な能力や魅力を足がかりにした仕事だと思います。つまり、プロデューサーになる奴はほっといてもなるし、人々の方もプロデューサー的な存在を必要とするので、資質がある人のことは放っておかない。一番必要とされる資質・能力とは、何よりも、その人自身であることです。お金や人材など必要な資源を揃えることもありますが、なにより大きいのは、「この人とやっていれば大丈夫。うまくいく」という感覚が、メンバー間で共有されることです。

3.あなたがプロデューサーとして立つ場合、大事にしていることはなんですか?
プロジェクトに関わる一人ひとりの気持ちが鬱血しないよう、悩みも思い付きも、自由に話せて、互いにそれを聴き合える関係を保つことです。

4.あなたがプロデュースしたお仕事の中で、最も手応えのあったものはなんですか? また、その理由も教えてください。
ウェブサイト「イン神山」/徳島の山間部にある神山町という町から国内外とコミュニケートするためのウェブサイトでは、きわめて人間的なつながりの中で仕事を行えました。当たり前のことかもしれませんが、請ける側にも依頼する側にも、「やらせていただく」「やっていただく」といった、謙虚なあり方が大事だと思います。

5.デザイナーに必要な「プロデュース感覚」とはなんでしょうか。
仕事の局部的な品質ではなく、その仕事が求められる背景から、つくられる現場、それが届いていく先、そしてその仕事がこの世から無くなる(プロダクトでいえばゴミになって捨てられるとか、事業自体が消えて行くとか)ところまでを含む、「社会におけるその仕事の全体像」を見通す視力にあると思います。

西村佳哲(雑誌「デザインの現場」より)

アートの本懐

in 思考の酵母

アーティストとは「頼まれもしないのに」なにか始めてしまう人たちであると、僕は理解しています。そういう動き。行動の起点が不明で、でもエネルギーの発露が感じられる活動や存在に出会うと、私たちは「アーティスティックだね」と洩らす。
その人がアーティストでなく、八百屋のおかみさんでも。
そこがアートの本懐だと思うのですが、最近はまるでデザイナーのような課題解決型のアーティストが増えてきた感じがします。
「要求に応えようとする」感じ。地方で開かれるアートイベントも増える中、なにかその土地に「いいこと」をしたがるアーティストが多い気がして、つまらない。期待に応えなくていいし、地域の課題を解決しなくていいし、もちろんアートのためのアートをする必要もかなろう。
役に立ちたいと思ったところで、所詮他人はたいした役に立てないんだというわきまえは、援助職・支援職の世界では大事にされています。

(略)ただ生命力を発露して、場合によっては叱られて帰ればいいんじゃないでしょうか。

西村佳哲さんのツイッター